FC2ブログ

やる夫は“悪漢”と名乗るようです 第六十話

19 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:56:20 ID:ciZyM9x6 [3/18]


【Perspective:Camera eye】

           //   ||    //          ||: : : : : : |
―――――――――┴┴―――――――――┘|: : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : : : : |    [||:.:.:.:.:.:.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||__
───────‐- 、 : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |l\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、──────────────|     ||\\
              |    |────―─────────|\   ||:.:.:.\
_________,i´ ̄`i                      \\  ||:.:.:.:.:.:
              |    |                         \\||:.:.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |                            \ |:.:.:.:.:.:
              |    |                            ` ̄ ̄
────- 、 _____|__|                            ( ̄
         |                                      |\
         |                                      l」
______,ノ
      | |
      | |
       ̄

20 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:56:40 ID:ciZyM9x6 [4/18]


               /                   /           ',
                     /  /
          ,′         /   / ',                |
.             |      // /   |             |   |
          l   .:|   ,.斗/ //      !   }:       | ┐ / }
          |  .:|   /  /   \   |  ′/     ハ∨/ /{
.             |{、 :l /x=ミ      ` ート./ /      /{ r‐⌒┐}}
.             \ ∨ {::ハ`      x==ミj/|/|    / ノ(_   r'ノ    最初は驚いたけど、慣れると気にならない
.              ヽ|  Vソ      |:::しト、   |/   /} |/ //⌒}}    ものね……。
               厂|             辷ソ   ,/ // |/> ´ ̄}
             /  丶   ′        厶イノ_ .ノ/    `ヽ
            {       \   、            /  /      /
             \     \    ̄       イ   ,/      /
         /\    \        ー┬─   ´   |`ヽ /       ,/   ─ 、
.        /   \ー─\   _ |\ __,. -‐= ̄ ̄}    /─/   ⌒ヽ
             ヘ── ´/::} \ | | |      /、   /  /    / ̄ノ
       \  / /   /::/   :| | |   =‐ ´ />─ 、 /     /  ̄
.    ___ヽ/ /  / ̄ ̄ ̄`ヽ/⌒/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ̄\  {  __
.   /       / /  {        ─{ ,/──       }      ヽ  ̄ ̄   `ヽ
   ′      / /   }       / ̄{        /        }───`ヽ  }
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    “少女”は苦笑する――
    「改造して二部屋分の広さ」があるここは、掃除のし甲斐がある。
    お陰で何もする事のない日常でも気晴らしになった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

21 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:57:18 ID:ciZyM9x6 [5/18]


              _   -‐ … ‐-           ∠´ ̄`ヽ
.            ´           ` 丶      /  ,.r‐ 、 ヘ
.        /                    ヽ     |  {   }  }
        /                      ‘,   `ー ′/ /
.        ′                     l      / /
       l          ヽ _ ノ       l      ./ /
      l  、_ ノ                 l       ̄
.       l               ,ィ=≠ミ        !     (_)
        l  ィ=≠ミ                 l
.        l         l             l
       !       l      U       l
.       !        l             l
         l       ヽ            l
.         l                     l
         l            __ ノ        !
.           l    ー ‐              / l
.           ヽ                    /   l
            ヽ                /    !_ _
.              ヽ        /  /   トー \> 、
             _`l ー -        /    !    .〉  > 、
          _ -=≦/|                 /      > 、
..   _ -=≦   /  ノ                /
  /         {
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ――設楽場できない夫。
     不思議な“男(ひと)”だ――優しく気遣いも出来て、頼りになる。
     その分、どこか間の抜けた印象もあるが、それも愛嬌があった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

23 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:57:49 ID:ciZyM9x6 [6/18]


                     //                   ヽ
                     / /  _  ―  ̄ ¨ ― 、 \
                    / / / /               \  ',
                   i  / /                  \ i
                 /v‐ 、 /              l:   、   ' , i
                 { | ヽ               l::  ヽ:.    i
                      >r )/_   .::/   /       /:    i::   / }ヽ
                 { ゝ_) /  ::::/   /    /   イ     l::   〉 l_}
                、 /(_)   ::i   /  .::/' /  i i   l:  { ( ) }   (……だから、甘えてしまうのよね……)
                  / V::|:{ :i    :l  ー―-≠-/ /   i i    l   l/_ノ
.              /ヘ   ',l:ノ):.i   i //::/  / ´    \i_i   l   イソ\
             <   \  ',ヘ\.i  |/ xぅテ=ミ         |:l`ト  l   /::l:/  へ、
         ___\     ヘ\\ l 弋゙z'ソ       マミヾ|、 l /  /` >  /
           /\:::::.:.\  ...::::::::〉 ̄\| ハ ヽ       弋l_jソ}`l/  /,..ノ /   /_
          /   \ー‐\:_:::::::/    |:、      ::、   ハヽ¨´ /:/ (:::..    /.::
       {       \  / ̄   :i  |:| >             ´/   \:::...../ー
       >、    .::::::>/     :i |:| : \  ー -  _ ,, -イ: /::     |` ´   /
       (  ( `ー 、::_/       ,:i-―.... ̄:⌒Y¨Y ̄.....‐-.ノ/、/:       \  (::::
       \\    \. .       ヽ::::::::::::::: ,;;;;;辷ノ;;;;;; ::::::::::::::/:    . . . . ノ  \:::...
         > >      \: :ヽ: . .  〉::::::::: ;;;;;;//| |\;;;;;,, :::::::/   /: : :/    
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          “少女”にとって“他人”とは、恐ろしい存在だ。
          実の家族でさえ――いや、実の家族“だからこそ”恐れた。
          自分の周囲に誰もいない、そう感じる事が安らぎに感じる程に。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

24 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:58:18 ID:ciZyM9x6 [7/18]




            ,-\: .  // i!::..ヘ \辷.ソ', ',   ,  `ー  / ノノ /|: :  }: l/ }: :',        ',:::..}
      __ ノl i {ニニノ     〉` ヽ ニー  ', ',          |f }ノ:/: : l V  l: : ,',      ',::ノ
    /. . . .\  i  i ヽ: : :    /∧  ヘ::::''   ', ', _         ノ丿:/: :|: / | l /ノ /       Y
  /:/フ:/ー―\ i |: : : : . : :./ ∧  ヘ      ', ',  `     ィ. : : :/: /:  /ノ`´ /      . .ノ
  {{´ //      \ \: : : :ノ / i   |ヽ 、  ', ',    <、ヽー 、: : /― イ i i    . . /
     |          ~ー{ニニ_ノ   i   }: : : > ', ',.<: :|: / / / ̄/    i  i i  \ . ../
                \: : : .    : :   |::〉\  l.\: : : |/ ∧ヽ    :|   i  i  \. : ./
                 | \: : .  : : :  |/   \: : \/ノ  \\. : |   i   i: : : ./
                 \\: : . : : : /     `>ト丿ー.-. \、:/  . :\: :Vノ
                   \: : : : : :/       \=|\: : : ノ\ . : : : : : >´
                       ',\: : /         \| |  `´  \: : :/
                         ',: : : i:            ヽ=      V/
                       ',: : {::           }|          }
                      ',: :i:: .             人        /
                       ',: :\.           /| | : . . . . . . ノ
                            ',: : : : . .     . /| | |: : : : : :イ
                       l::::..............................| | |::::::::::::|:|
                          l二ニニ||ニニニニ| | |ニニニイ|  ,  ― -  、
                    , - 、_l: : : : : :||:::::::E二二[]二): |:レ|         ` ヽ
                  /        l::::::::::::||:::::::::: : | | |: : : : :|:| //           \
                   /          l:::::::::::||:: : : : : | | |: : : : :|:|.:::/....             \
             / /          l:::::::: :||: : :E二二[]二): |:|:/::::::::...             :\
            /.:            l::::: : :||: : : : : :| | |: : : : :|:|::::::::::::/  ̄ \.....       .:::)
       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               異能――人々や悪魔は彼女の“力”をそう呼んだ。
               人間は理解出来ないものを本能で忌避する――
               だからこそ、“少女”は迫害された。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

26 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:58:53 ID:ciZyM9x6 [8/18]


                             __
                            i´. i  ヽ(!
                        .ィ  j  リイ´.ヽ, /ヽ __  -‐ ァィャ'´ `丶、
                      `i マミiム'´i  `i_.ィ'’/i'  ̄ ̄  .ィヘ '´: : : : : : : :./
                       rヾ彡i’    ハ. `'ヽ. ! _、   〉人: : : : : _.>'’
                        j、  Ⅵ == ュYリヽ'´    `<.iイ   ̄ ̄ ハ
                     /ヘ>ーj.i   l .l'             ヘ  .>ヘj
                     .>'’i,/  ノ j   i ハ           ア'"   ; :
                  .>'’  /   /ー=ヘih7>ト、   __       : ;    : ;
     l ̄i!.        r'"   /  , '   /i i,ヽ, ',ム l i        ; :    ; :
.    l  l.!      .j     ノ   /.   /  .i lヘ!l  ',ムl i        : ;    : ;
.     l  l.!     /`ーャ_リ .>/     /   ! ヘi !   ', ヽ、       ; :    ; :
.     !  .!     レ'´7’ ./  i  ̄.>il    !  i l .ィア _ ヽ、    : ;    i i
    l  .l!       ! i!  〈‐-、_.ヘ /  ヽヘ.ノ   i/ レ'´ヘヽ、   ヽ、  ! !   i.-.!
.   l  .l!       l l.i   寸 .>' ‐-、  lく三ソ´i      ∨ _>'´  ! !    ̄
.    !二i7,     ノ ノ l   /ヽイ     リユ、ム ハ     `ヾ.     ! !
   l Y i!     lーi l./ミヽ ∨    /`'  l‐iー ヘ  __   `ヘ  ! !
    l l:l l!      ji .l , '三三∧   ̄二二ユ, ./H',   〉'´二二`丶'´ム .! !
.   l  .l:!     l ii.i/三三三└'´j三三ミ/ i`Y i  i 〈三三三三三ムl l!
.   ! ̄l.l       l.j/三三三三三三三ミ/   Ⅵ./  .〉.l三三三三三 ム .l
   l  i      .l/三三三三三三三ミ/    l l    ∨三三三三三ミム!
   !  .i!     /三三三三三三三ミ/     !ー!     ∨三三三三三ミム
.  l  .i!    /三三三三三三三ミ/.      l .l      ∨三三三三三ミム
.   l  .i!    /三三三三三三三ミ/       l .l      ∨三三三三三ミム
.   !  i!   /三三三三三三三ミ/      l .l      ∨三三三三三ミム
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        その果てが、“兵器”としての扱いだ。
        “少女”の心が壊れなかった、その事が唯一の救い――
        いや、不幸だったのかもしれない。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

27 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 08:59:14 ID:ciZyM9x6 [9/18]





















┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    ただの“兵器”であれば、奪った命に悔悟を抱く事はなかったのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




















.

28 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:00:00 ID:ciZyM9x6 [10/18]


                          ヾ     /     t,_  |iヾ\Wi>、〃- 、≦x
                                {_.  ̄ヽ    /:j \Yヽ/ノヾ ハ>'
                               / ̄`ヽ ,j   ト':イ ____i::-:'ヤ   ヽ八
                                 , '  ̄ヽ.ィ--t='  /,.--7:/ ヽ   ヘ ヽ
                           _>'´   /  ∧.// ,. イイ   }:.   ハ'
                        _>'´     /    //:://   ノ    ノ
                  ___,> ' ´        <     /イ ./イ≫--<::::i:i>-i<
                   r!_          <         {``ヽ、  ∨::::::::::::----||─::i: !
              r<:::::::ヽ、   /     r<ニニ=ミ、ヽ\ .}::::::::::::l:l:::::::::l|:::::::| |
           r-- '. -y-K:::/  ̄    ___≧ニニー--= >,.イ:::::::::::::l:l:::::::::l|::::::,.|
              ̄.i./ト、! {./    彡───────‐- ィ>x:::::::::::::l:l:::::::::l|::::∧ i
              ィ〝  〝   /             /:::::::::::::::::::::>x:::::::::::j:l::/::::ヽ、
                                    ,.イ::::::::::::::::::::/::::::::::::::>-<:::::::ヘ::::::ヽ\
                         _,. -- 彳:::::::::::::::,::':::::/:::::::::::::::;:::::::i:::::::',::::::::ヘ:::::::ヽ::\
                         ∨::{=-z_:::::::::::::::/::::〃:::::::::::::::/::::::::l:::::::::',:::::::::ヘ:::::::::ヽ::::y
                           `-<>z_,ヽ::'::::::::/::::r '{::::::::/::::::::::l::::::::::::i:::::::::::ヘ::::::::::ヘ'
                                  <::::::::::〃-'  ト-x'::::::::::::,':::::::::::::}::::::::::::::ヽ<7
                                     >.r '      ):::::::::::::/-<`7_____i
                                    |        .7--- ∧         |
                                     |.< ̄≧:x. ,'     .ハ   ,..---i
                                      |: : : : : : : : 7      ',,イ: : : : : : i
          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              もしも“銃”に心があり、引き金を引くたびに殺したくないと叫べたのなら?
              人間は“銃”の引き金を引き続ける事が出来るのだろうか?
              “少女”はこう思っている――「引き続けられる人間もいる」、と。
              そういう人間の手に渡った“銃”は、不幸と呼ぶしかない。

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

30 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:00:38 ID:ciZyM9x6 [11/18]


.             , ':/           ;      ヽ
            /:::'              ∧        :.
              ':/:    ::'::::/    '  :/  ', :ト、       '
            |;'::::.   ...:::!:::|:;イ :::/! /    , ! ヽ::ヽ:.  i
            ,.、!::::::::.  ' ::/ . !  !/ ,:::/      !  、V   |
         {l`!l;:::::::::. '::/ ̄丁/ト-j/   -一Τ ̄ V: r.¬
        ,...ミj !;::::::::.レ'ェェ===x      x===ェェi:. ∥7,'
          {{ `,,(:}}l、 ::::!"イi;;;r圷         仡j;;;rハ`}:. jj/ムゞ
.       r-`-"jj∥{\ト、 __-亠         ┴-__, ,'/}〈  }}
      j::::::::::::`ヽ:入_,ミヽ ,,,,      ,      ,,,, /'_;ノ∧_∥ _
       {;_:_:`ヽ::..\ 人.      ___        人::ム斗≦  }
.      `ー-`ヽ ::::::..   >    ´-`   _ < <´::  _ ィ=='
.   { ̄`::ー-..、ノ`ヽ:::::. 〉   -=「≧ - 壬=-    ヽ::ィ< _,.. ー ¬
    j;_三_::ミ::::::::ヽ_:j::/    _}`::: ̄ Y  ̄ ´{_     ー{:::    {
.    `ー ‐‐`ヽ:::::::ヽ _ . rr/  、   lj   ,  ヘrr . _  v-;ー―'
          y  ̄  r - ー― ヽ_r¬_ィ ー -- 、   ̄ ゞ:ト、
       _ ノj::::::::::. .. ヽ    >::::|_!::<      /     i \ミ__
  _,..ィフ ̄` ーィ:::::::::::: :: . |:〉  :://j lj | \   〈:|     ハ   ー 、ヽ
 (::::.. /     /:::::::::j    |:\/ / ! i j | \ /:j   i::.  \   j:: )
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ――などと、空想に浸れる程度には“少女”は暇をしている。
   かつては安堵に包まれた孤独が、今の“少女”には苦痛となっていた。
   だから、こんなくだらない事を考えてしまうのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

32 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:01:18 ID:ciZyM9x6 [12/18]





















┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       ――あの人の“銃”になら、なってもいい……などと。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




















.

34 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:01:45 ID:ciZyM9x6 [13/18]


             /i /    /                 ヽ
             | |i      /        .}         ;
           r、ノ::} /   /         /   \     |,、
           { ;::::||   /          /   ヽ  \   / |
           、ヽ::j|  /  /    /   //\   i   ',  // }
           /´Y | /  /  //////  ヽ  |   |  //i ノ
      ノ\ ___,ノu' / | {  /_/_/// /    i |  |   |/´{{::::/
    / \    /{ i   ´ /  /`/ /   -―リ、| i i  | .| ヽ'ノ
    { \  \___/ \i  | /  /__        / .|`i ,' / i .i /、
   ,ゝ     \-、_  ヽ | ー---‐      、_   | i/ /  .ゞ丿、, ィ' ¨`i   ……本当、現金だわ、私。
  / | \     `ヽ`ゝ ヽ 、 ,,,.       ー---‐ ノ/    / /  / |
 ノ ヽ \ \  _  ̄/``ヽ ヽ、     、    ,,,  /    //     /
.ヽ    \ >ー ‐' '    |  >、 丶 ‐    /f __// /  / /¨`i
  \    `/        |  \ ` -   ¨ ´,ィ -´    `| / /__/ / {
/¨`\ヽ__ー/   ',   __,-‐ー―‐-、r‐r――f¨´        |',  /¨/ / /
{  ,‐´ー´ /     ',/:::::::::::::::::::::::::::::.|:::|:::::::::::|         |\ゝ/    /
|  {   i´       .iヽ:::::::::::::::::::::::::::::::!:::.!::::::::::|          } ヽ/  /
.\ {   ヽ      | `}::::::::::::::::::/::/ l |:::\|      _, ィ-‐´  〉/ヽ、_
   ヽ   \     |  {::::::::::://:::/  l |::::| !___,ィ-‐''¨´   |   /ゝ、_ , -ヽ``;
       ヽヽ   {   ヽ::/‐./:::/――‐|::::|- ! |       .| /       } ノ
        iヽ ヽ  ',      /:::/     .|::::|  |       .! ´ヽ      //
        | ` \ \   /::::/      .|::::| |       ', /     ./
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       “少女”は知らない――孤独こそ安らぎであったからこそ。
       自分が“間抜け(ジャッカス)”に抱き始めた感情の名を。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

35 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:02:18 ID:ciZyM9x6 [14/18]





















┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             「――うん、いい兆候じゃないか」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




















.

36 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:02:49 ID:ciZyM9x6 [15/18]



     i        /     ゝ、                 ,イ   ヘ
    |      r 、/    j  > __      _   < |   ハ
    |      ヾソ    ,    / ,....、     |      ,    ヘィ=ァ
     ,      入\  ム     , /::::::::ヽ   |     l    ヘ//     いやぁ、よかったよかった。
      ハ     /.。 `ヾュ厶」    i'::::八::::::',  |     入 _ /ヘ      ■■■や■■■■は楽だったけど、■■■■と
     ヘ   /   O o/      /:::/  }::::::}   |    'ー-イ    。、    ■■■■■は“変身(カフカ)”に言いように利用
      ヽ'    /  /     /:::::L__」:::::::|  ハ       , o O ヽ   されちゃってからねぇ。
       \ , イ ./     ハ:::::::::::::::::::/   ハ         ヘ     \
         \.レ'       /  `ー--‐ '   、j        ヘ  、 \__ゝ ■■■■■■もいい相手が傍にいるようだし。
          \     /             ヽ       ヽ、 \ `l   これでようやく――かな?
            \   ,                '         \_」`ー'
              \ i               j
               \            /
ヽ、              `ー         /
  ` ー -  _______,ィ、_____厶



              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '
       ヽУ     l ノ/        l        ――君達にはそうやって幸せになってもらわないと。
       У      ヒ"           l        「250億分の一の確率」で現代にいるのは、君達だけだからねぇ。
      /、 r、 γl /        ーァ/
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ           存分に幸せになって、存分に人を愛すればいいよ。
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ

38 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:03:29 ID:ciZyM9x6 [16/18]
































                           /圭圭圭圭圭 ',
                  ,.. -― 圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|
  _,..... - ――――――'´圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 |
羊圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭L
\圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭, -―、圭ニヽ
  \圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭{ , -、 ヽ圭圭、
    `ヽ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭、 ー'  ノ圭圭ヽ
      `ヽ、圭圭圭圭圭圭圭圭- 、圭圭圭圭圭圭圭圭圭ー '´/l圭圭圭',
        \圭圭圭圭圭 / , - 、 ヽ圭圭圭圭圭圭圭圭圭/,'圭圭圭,.}
          ゝ圭圭圭圭{  ':,__ノ ノ圭圭圭圭圭圭圭圭//圭圭圭∨
          /圭圭圭圭圭、___,ノ圭圭圭圭圭圭-―' /圭圭圭圭/\            _, -――
- 、       /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭, - '´  ,./圭圭圭圭ニ/圭圭、       , ´ , -――-、 ヽ
- 、 `ヽ    /圭圭圭圭圭圭`: 、-―― '''"´_,... - '"´圭圭圭圭圭/ 、圭圭_\    ,/ ´         l |
   `ヽ`ヽ、 /圭圭 l´ 、圭圭圭圭圭三三圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭, '   ヽ圭圭_\ //           l l

               ――じゃないと、僕の“復讐”にならないからね。

    /圭圭圭/ ヽヽ           l圭圭圭圭圭圭圭圭圭',       / /、圭圭圭圭圭圭圭/ /圭圭圭
ー- '/圭圭圭 ,/    ヽヽ,         l圭圭圭圭圭圭圭圭圭_',      , /  \圭圭圭圭圭ニ/ /圭圭圭
圭/圭圭圭/      ヽ ',          /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭、     , ,    \圭圭圭ニ/ /圭圭圭圭
/圭圭圭/        , ',       /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭    l l      \圭/ /圭圭圭圭
\ \, - '            l  l        /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 l    l  ,       / /圭圭圭圭圭
圭`ヽ、 ` ー- 、 ____,ノ  ,      /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭    、  ヽ_ ,.. - '  / \圭圭圭圭圭
´    `丶、__       ノ      /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_l    `、  _ _, - '´    `ヽ、圭圭圭
        ` ー---- '       /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭!                   `丶、
                   /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                   魔王:■■■■(変異分霊)(LV??)

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

39 名前: ◆L0x/Rj/V9U[] 投稿日:2011/10/22(土) 09:04:05 ID:ciZyM9x6 [17/18]






















┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             「――ただいまー」
             「……おかえりなさい」

                           END

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




















.

関連記事
スポンサーサイト



2011/10/23 01:01 | ・やる夫は“悪漢”と名乗るようですCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |